3D都市データ販売

3次元都市データ生成技術とコンピューターグラフィックス技術により実現した高品質・高精度なデジタル都市データを整備しています。MAPCUBE(R)(マップキューブ、以下MAPCUBE)は、測量データ、地図、航空写真をもとに地形や建築構造物を高精度に構築し、政令指定都市をはじめとした主要都市を広域レベルで整備しています。また、繁華街シリーズは東京、大阪の繁華街を、詳細形状モデルと高解像度テクスチャで再現した高品質な3次元都市データです。

MAPCUBE(マップキューブ)
繁華街シリーズ

Real3dmaptokyo


MAPCUBEmapcube

「MAPCUBE」とは、航空測量で計測した高さ情報、二次元のベクトル地図情報と航空写真画像データをもとに生成した地形や建築構造物の3次元都市モデルデータです。
起伏のある航空写真地盤モデル、精確な高さと屋上塔屋の形状も表現した建物モデルと、より詳細な形状や色味に至るまで外観を忠実に再現したランドマークモデル、この3種を基本データ構成とし、東京都23区や13政令指定都市をカバーしています。
都市計画や景観設計、眺望シミュレーション、ナビゲーション、エンタテインメントや映像素材等、多岐に活用されています。また、高精度かつ広域整備していますので、都市防災、電波解析などの数値解析や都市計画、GIS(地理情報システム)への援用にも最適です。

MAPCUBEはここが違う!
航空写真測量データ:株式会社パスコ提供 地図データ:インクリメントP株式会社提供お問合せ
PAGE TOP

ご利用事例

まちづくり・景観検討・都市計画

MAPCUBEは、都市の空間形状を広域かつ詳細に表現し、10年以上にわたりデータを更新・蓄積してきているので、まちづくりや都市計画の基盤データとして使用されています。

東京都中央区立環境情報センター・タッチパネルコンテンツ
(東京都中央区立環境情報センター様・株式会社イトーキ様)

 

防災・環境

建物群が正確に再現・配置された3次元ハザードマップは、都市部の災害の危険度を地図上に分かりやすく表現できます。また、建物形状・高さ情報は、都市構造物の影響を受ける風や熱の流れの解析、河川氾濫・津波による水の流れの解析にも利用されています。

品川区防災情報ステーション(品川区防災センター様)

 

不動産販売促進

デジタル空間において完成前物件からの眺望を確認できるため、不動産販売促進用の眺望コンテンツ制作や、実空間では不可能な構図や動きの演出やビジュアル化を実現できます。

ルミナリータワー池袋 広告パース

 

観光・地域振興

建物や航空写真地盤も含めた都市データが整備されているので、地域・観光紹介向けの3次元地図として活用されています。

2016年・2020年 東京オリンピック招致

応用のポイント

都市データアーカイブ

リリース以来、10年以上更新を重ねてきたMAPCUBEのアーカイブデータを活用すれば、都市がどのような変遷を遂げてきたか一目で分かり、都市環境や景観の変化に伴う調査や解析等に活用できます。

丸の内エリアの変遷

 

擬似テクスチャモデル

MAPCUBEは各建物形状に対し個別IDと用途属性を持たせることができます。個別IDに対応した汎用テクスチャパターンや、GIS解析等で算出された属性値を描画することが可能です。

建物属性ごとに壁面テクスチャを自動配置

 

都市模型出力

MAPCUBEデータを利用して、都市模型を制作しませんか?
東京リスマチック(株)の3Dプリンタによる立体造形出力サービスと併せて、出力用データへの加工からプリントまでをサポートいたします。

丸の内エリアをフルカラー3Dプリンタで出力

 

インターネット配信

MAPCUBEデータは、インターネット配信が可能な様にデータの軽量化や独自の配信技術による3次元形状データの高速描画を実現できます。

バーチャル京都(立命館大学様)

整備エリア技術仕様

■ご利用用途は別途締結される使用許諾の範囲に限らせていただきます。
■オプションでご要望にあわせたカスタマイズにも対応いたします。お気軽にお問合せください。
■MAPCUBE(R)は、インクリメント・ピー株式会社、株式会社パスコおよび株式会社キャドセンターの登録商標です。

お気軽にお問合せください。03-3222-7841お問合せはこちら