TOPICS > 絵画表現 音を絵画的に表現する『repeat 1』『repeat 2』『repeat 3』
PAGE TOP
絵画表現 音を絵画的に表現する『repeat 1』『repeat 2』『repeat 3』
2017.04.03 INTERNAL PROJECT
絵画表現 音を絵画的に表現する『repeat 1』『repeat 2』『repeat 3』
Inspired by the Music
バレエ音楽のようなクラシカルなジャンル
Creator’s Voice

観る人を感動させる新しい表現を目指したいと考え、「感動」から連想したキーワード「音」を作品のテーマにしました。
音楽の特性である連続性とリズム感に着目し、絵画表現に置き換えています。

音楽を楽器・歌・譜面以外のもの(身体)で表現しているということ、また、絵画表現に置き換えたときに表現方法とマッチしそうであるということから、モチーフにはバレリーナを選びました。

具体的な表現としては、音の重なりや響きあいを表現するために、バレリーナのシルエットを重ねて線・色面を繰り返す、補色を隣接させ奥行感を出す、やわらかい筆跡や繊細な色の重なりを入れる、ということをしています。

試作1/試作2

新しい表現手法について

ご覧くださりありがとうございます。
私たちキャドセンターは、クリエイティブ集団として常に新しいモノを創造創作する事を使命として、試行錯誤してまいりました。
本展示は、そんな私達のスピリッツを表現するべく社内プロジェクトとして制作したものです。

クリエイター達が、通常業務での既成観念をとっぱらい、独自に試してみたかった表現方法を、心に持っている世界観を、作品として制作する事にチャレンジいたしました。
これらはまだ芽を出したばかりの愛しい作品群です。
今後も、面白い変わった見たことない、そんな作品を生みだせるよう挑戦してまいります。

「新しい表現手法」共同制作者一同

RELATED TOPICS

記事がありません。