WORKS > 帝国データバンク資料館 震災後の帝国興信所とその時代
PAGE TOP
帝国データバンク資料館 震災後の帝国興信所とその時代
帝国データバンク資料館 震災後の帝国興信所とその時代
歴史的建造物のことがわかる、
大型タッチパネルを活用した学習コンテンツ。
関東大震災に建設され、2003年に取り壊された旧本社屋「第二帝興ビル」。
その社屋で何が行われていたのかをビジュアルで紹介。
POINT
  • 模型や昔の写真資料を元に、かつての第二帝興ビルの外観をCGで復元しています。
  • 昭和初期にどのように信用調査業が行われていたのかを、50のトピックで紹介しています。
  • 本をめくるようなタッチ操作で、古い写真や図面資料などを閲覧可能です。
建物外観
内部は資料不足のため抽象的に表現
古写真を用いた表現
写真アルバム
銅像に関するトピックを紹介
図面資料

CREDITS

Client:株式会社帝国データバンク

RELATED PRODUCTS

VIEW ALL PRODUCTS