TOPICS > 東京湾でボートレース!?日本の港湾をまるごと3Dデータ化「REAL 3DMAP ベイエリア」をリリースします。
PAGE TOP
東京湾でボートレース!?日本の港湾をまるごと3Dデータ化「REAL 3DMAP ベイエリア」をリリースします。
2019.08.23 NEWS

キャドセンターは、日本の主要港湾部の3Dデータを順次リリース予定です。

当社は、海上自衛隊への導入を始め、数多くの操船や港湾での管制業務訓練を行うためのシミュレータ開発を手がけてまいりました。今後、5GやIoTの時代に向けて、サービスの高度化・多様化が進み、シミュレータ教育やVRコンテンツ、プレゼンテーションが拡がっていくことを見据え、様々な業界業種で使っていただたけるよう日本各地の主要港湾部を再現した3Dデータ(海図による海底データ含む)を新たに「REAL 3DMAP ベイエリア」として整備し、順次リリースしてまいります。

 

さまざまなデータ形式、カスタマイズに対応

キャドセンターが提供するシミュレータ用の港湾データとしての使用のほか、VR等のリアルタイム系や各種シミュレーションコンテンツでご利用いただけます。3ds MaxやMAYA等の形式でのご提供にも対応し、ご要望に応じた港湾区域もカスタマイズして制作可能です。

想定利用シーン
・水上モビリティの操船シミュレータや操船コンテンツ
・津波、高潮や台風等の災害被害シミュレーション
・海洋土木計画のシミュレーション
・港湾の設計や整備計画、景観検討
・BIM/CIMへの組み込み
・船舶のルート検討や⽔上交通ネットワーク計画
・港や海を舞台にしたゲーム制作やエンターテインメント計画検討
・各種プレゼンテーション

各港湾の海図を全面的に更新するほか、景観は夜間※1にも対応し、現地調査による最新の現状を反映して作成します。
※1 使用ソフトによっては夜間に対応できない場合もあります。

現在リリース予定しているベイエリア
2019年8月:東京港
2019年9月:川崎港・横浜港・横須賀港
2019年内  :名古屋港・大阪港・神戸港

他ベイエリアについては、2020年以降リリース予定
 

多くの企業やユーザーにご活用いただけるよう、今後もサービスの拡充に取り組んでまいります。港湾データを利用したサービスの開発やパートナーシップによる事業開発のアイディアなどございましたら、ぜひお気軽にお問合わせください。

 

RELATED TOPICS