TOPICS > クロード・モネ絵画作品『睡蓮の池』をVR化したコンテンツの展示がスタートします。終了しました
PAGE TOP
クロード・モネ絵画作品『睡蓮の池』をVR化したコンテンツの展示がスタートします。終了しました
2017.11.16 出展
美術館向け新規VRサービス第一弾 クロード・モネ絵画作品『睡蓮の池』を
VR化したコンテンツの展示がスタートします。

当社と株式会社JTB情報システムは、美術館向けにVRを活用した新規サービスを開始します。
美術館や博物館の観光にVRを導入し、あらたな体験型のサービスの提供を行う本サービスでは、コンテンツ開発を当社が行い、VR体験チケットの販売は株式会社JTB国内旅行企画が行います。

今年の夏休みに東京・両国のすみだ北斎美術館で実施したイベント『夜のすみだ北斎美術館 百物語』(2017年8月24日から26日までの3日間開催)にて、葛飾北斎の浮世絵作品『しうねん』をVR化したコンテンツを展示しました。
同イベントの参加者を対象に実証実験を行い、VRを体験したお客様から高い評価をいただいたことを受け、この度、本格的にVR導入サービスを開始します。

第一弾は、開館15周年をむかえる箱根町・仙石原の公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館にて、クロード・モネ誕生月の特別企画イベントとして、モネの絵画作品「睡蓮の池」をVR化したコンテンツを展示します。
本企画は、ポーラ美術館・JTB情報システム・当社の共同企画として行うものです。

『睡蓮の池』をVRコンテンツとして再解釈し、季節の移ろいや光の変化といった絵画に込められた表現を、水面をゆっくり移動しながら、360°好きな視点で楽しむことができる体験型コンテンツです。

イベント実施に先駆け、去る11月7日に当社とJTB情報システムはVR体験会を兼ねた記者発表を行いました。
当日の模様は、ITmediaを始め多くのメディアに掲載されています。

名画「睡蓮の池」の中に入れるVR、ポーラ美術館で体験可能に 11月10日から土日限定で(ITmedia)


ポーラ美術館特別入場券(VR体験付)は、JTBホームページおよびJTB各店舗にて販売中です。

■開催概要
クロード・モネ 誕生月特別企画イベント
期間:2017年11月10日(金)から12月10日(日)までの土日10日間
(11月10、11、18、19、25、26日、12月2、3、9、10日)
時間:9時00分から16時30分まで(最終受付は16時00分)

【特別セット入場券】ポーラ美術館 睡蓮デザート付VR体験プラン
・期間:11月10日(金)、11日(土)の2日間開催
 ※現在は終了しています。

【VR体験付入場券】ポーラ美術館 オリジナル睡蓮グッズ付VR体験プラン
・期間:11/18(土)~12/10(日)の毎週土曜日および日曜日
上記チケットのお申し込み先:https://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/p/p1052455/

■VRについてのお問い合わせ
当社Webサイトのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせフォームへ

RELATED TOPICS