WORKS > 『TOKYO ART CITY by NAKED 東京俯瞰図』
PAGE TOP
『TOKYO ART CITY by NAKED 東京俯瞰図』
『TOKYO ART CITY by NAKED 東京俯瞰図』
東京の都市情報をコンテンツ化

“TOKYO”をテーマに、都市の持つ魅力をアートとして表現する体験型アート展『TOKYO ART CITY by NAKED』(2017年6月~9月開催)にてコンテンツ制作を行いました。 
キャドセンターは、都市情報を視覚化したコンテンツ『東京俯瞰図』を提供しています。

アート+アカデミック
東京を稼働させるエネルギー源である交通インフラ・電波や人口。
「東京俯瞰図」では、こういった公共データを取得し、そのエネルギーが稼働する様子を3DCGアニメーションで表現しました。
情報ソースとしてGISデータを使い、実際の都市の「動き」を可視化することで、アート作品であることにとどまらず、
同時にアカデミックなコンテンツとなっています。
また、その日の天気によって表示される内容が変化することで、リアルタイムな都市の動きを体感できます。
本コンテンツでは、画面内に6つのアイコンが配置されています。
「交通量」「電車」「人口」「電波」「夜景」「天気」それぞれのアイコンに触れると、各15秒~20秒程度の映像が流れる仕組みです。
サムネイル
大画面に映える16bitカラーの緻密な色表現
本コンテンツは、5.4mx3mのスクリーンに投影する4Kインタラクティブコンテンツです。
東京=「高密度」「スピード感」というイメージを、大画面での高精細なグラフィックで表現するため、
通常の8bitではなく16bitカラーによる緻密な色表現を行いました。
スクリーンとなる壁面の地図グラフィックと、投影するコンテンツの一体感を実現するため、現地での試写を実施。
調整を行うことで、立体模型のように見せることに成功しています。

映像/グラフィックグループ
アニメーションT
佐藤翔太

キャドセンターの得意領域を融合させたハイブリッドアート
3DCGアニメーションと地理情報システム(GIS)は、いずれもキャドセンターがもっとも得意とする領域です。
今回のコンテンツでは「リアルな東京」を感じられるよう、総務省・気象庁・産総研などから取得したGISデータを用い、エンターテイメント性の高いビジュアルに仕上げています。
夜景の繊細な光などや天気によるトーンの使い分けなど、都市の表現を追求し、とてもキャドセンターらしいコンテンツになりました。

CREDITS

Client:NAKED Inc.
Project Manager:Taku Hashimoto
Creators:Shota Satoh / Megumi Ushio / Toshiaki Yamada / Y. Nakamura / Seiyoshi Ajima / Dai Kawahara

RELATED WORKS

VIEW
nach AR photobooth
CATEGORY : SPACE
TAG : #AR #VR #EVENT&EXHIBITION #VISUAL & SPACE PRODUCE
CLIENT: アッシュ・ペー・フランス株式会社様
VIEW
hitoto広島 The Tower 眺望VR & シアター映像 ほか
CATEGORY : SPACE
TAG : #VR #VIVE #VISUAL & SPACE PRODUCE #3DCG
CLIENT: 三菱地所レジデンス株式会社様 / 三井不動産レジデンシャル株式会社様 / JR西日本プロパティーズ株式会社様 / 株式会社トータテ都市開発様 / 広島電鉄株式会社様
VIEW ALL WORKS