WORKS > 葛飾北斎作『百物語』『しうねん』VRコンテンツ
PAGE TOP
葛飾北斎作『百物語』『しうねん』VRコンテンツ
葛飾北斎作『百物語』『しうねん』VRコンテンツ
すみだ北斎美術館で開催されたイベント「閉館後の美術館に何かが起こる!?夜のすみだ北斎美術館『百物語』」(2017年8月24日〜26日)にて、 葛飾北斎の絵画作品『しうねん』をVR化したコンテンツを出展しました。
JTB情報システムと共同企画により実施し、イベントご来場者様向けの特別コンテンツとして公開しました。
新しいアート体験を提供するVRコンテンツ
葛飾北斎によって描かれた百物語の一つ『しうねん』。
描かれている位牌や蛇の意味などに謎解きのような要素を持ちながら、同時に北斎の絵に対する執念が伝わってくる、インパクトの強い作品として知られています。
平面的で、モノの質感を感じさせないことが特徴の浮世絵ですが、この『しうねん』を3DCGとして表現するにあたり、コンテンツへの没入感をより高いものにするため、フォトリアルな質感を追求しました。3D空間として表現された『しうねん』に描かれた静物のある空間を、音を聞きながら移動することで、時間芸術の領域で再構築された新しいアート体験を提供し、複層的な絵画の楽しみかたを提示しています。
思わず歓声があがるVRのアトラクション性
三日間のイベント開催中、ご来場者様ほぼ全員がVRコンテンツを体験しました。
VRが初めてという方も多く、360°の空間を浮遊する体験により、思わず「お〜!」「わ!」という歓声も。
イベントは好評のうちに終了し、VR体験はご来場者様に「美術と美術館の魅力」を再発見する機会を提供。満足度の向上や来場促進に役立てることができました。
映像/グラフィックグループ
福井佑希/内ノ村嘉康

福井
謎の多い『しうねん』ですが、そもそも描かれているものが何なのかわからないという問題がありました。三方に載っている食べ物は何なのか??学芸員の方にヒアリングしたところ、北斎がお菓子好きだったという情報があり、お菓子として表現してみました。フォトリアルな表現として「美味しそう」な感じを出したかったので、艶感を多めに設定しています。

内ノ村
遠近感がなく、平面的な表現と言われている浮世絵。今回、モデリングを行うにあたり描かれている各要素を測定してみたところ、望遠で見たときのパースの付き方に極めて近いことがわかりました。『しうねん』に関しては遠近感が「なかった」のではなく「目立たない」だけで、きちんと視点(距離感)を考えて描いていることがうかがえ、北斎の観察眼の正確さに感動を覚えました。

CREDITS

Client:すみだ北斎美術館様
Agency:JTB SYSTEM SOLUTION,INC.
Producer:Kazunari Igawa
Director:Taku Hashimoto
Creators:Yuki Fukui / Yoshiyasu Uchinomura / Shota Satoh / Takemitsu Takagi / Y. Nakamura / Yukihiro Shimazu

CATEGORY

RELATED PRODUCTS

VIEW ALL PRODUCTS