WORKS > フジタ技術フェア HoloLensコンテンツ
PAGE TOP
フジタ技術フェア HoloLensコンテンツ
フジタ技術フェア HoloLensコンテンツ

株式会社フジタは、自社の技術をPRするイベント「フジタ技術フェア」を愛甲石田にある技術センターにて2017年10月に開催。
同イベントにて使用されたHoloLensコンテンツをキャドセンターが制作しました。

HoloLensはマイクロソフトが開発したシースルー型のヘッドマウントディスプレイ。
外界を遮断するVRとは異なり、現実空間に3Dホログラムなどの仮想空間やさまざまな情報を重ねて表示するMR(Mixed Reality=複合現実)を実現したデバイスです。

本コンテンツでは、キャラクターを用いて会場内を誘導し、さまざまな技術を紹介。
またHoloLens自体がもつ先進性により、フジタの先進技術への取り組みを表現しています。
※本ページ上部の画像は現地利用イメージとなります。

ご来場者さまがHoloLensを装着すると、キャラクターが画面内に現れ、「こっちだよ」と呼びかけながら会場内を誘導します。
立ち止まった先々では、現実の空間にアニメーションを合成し、実際のダクトから空気が流れて省エネルギー空調技術を紹介したり、視線の先にある床下に免震構造が現れたりなど、直感的な理解を促進しています。

またHoloLensの特徴である指先のジェスチャー操作を使い、会場内を工事現場に見立てカラーコーンを設置するゲームを実装しました。

※本コンテンツに登場するキャラクターの著作権は株式会社フジタに帰属します

 

「フジタ技術フェア」は毎年開催されており、キャドセンターが展示コンテンツを担当するのは2016年のHTC Viveコンテンツに続き、2年連続となっています。

 

株式会社フジタ
技術センター 先端システム開発部
伏見光 様

今回のコンテンツは、弊社技術センターにおいて「弊社の技術を、お客様に身近に体感していただく」ための展示物として制作いたしました。
建設技術という一般の方には普段なじみの薄い分野について、いかにわかり易く表現するかが大きな課題でした。
キャドセンターさんからもアイデアをいただき、弊社のキャラクターに動きと声を加えて案内役として登場させることで、親しみやすいコンテンツに仕上げることが出来ました。

既に多くのお客様に実際に体験頂き、大変好評をいただいております。

CREDITS

Client:株式会社フジタ様
Producer:Kazunari Igawa
Project Managers:Kouki Shimiya / Mayuka Yamamoto
Creators:Yuki Nagano / Syunya Akaishi

CATEGORY

RELATED PRODUCTS

VIEW ALL PRODUCTS