WORKS > 360°映像体験!佐賀県三重津海軍所跡 ドームシアター
PAGE TOP
360°映像体験!佐賀県三重津海軍所跡 ドームシアター
360°映像体験!佐賀県三重津海軍所跡 ドームシアター
団体客で利用できる360°映像体験

「みえない世界遺産」というユニークなキャッチコピーで知られる佐賀県三重津海軍所跡にて、ドーム型シアター及び上映映像を企画制作しました。
キャドセンターでは、2015年にヘッドマウントディ スプレイ(HMD)を利用した「三重津タイムクルーズ」を三重津海軍所跡向けに制作しています。HMDを使用したコンテンツは三重津海軍所跡の名物となるほどの盛況をいただきましたが、一人一台の利用となるため、団体客での利用が難しいという課題がありました。
今回のドーム型シアターは、団体客や家族が一緒に利用でき、なおかつ没入感の高い体験ができるコンテンツです。

※掲載写真は提案時の現地設置イメージCGとなります。

360 Degree Panorama for Group Customers

Within Mietsu Naval Dock in Saga, known as a unique “invisible World Heritage site”, we’ve planned and produced dome-shaped theater and its panorama animation.
In 2015, we as CAD CENTER CORPORATION produced “MIETSU TIME CRUISE” using Head Mount Display (HMD) for Mietsu Naval Dock. Despite this content successfully gained a reputation, “specialty of Mietsu Naval Dock”, we faced an issue that the device which served only one person at once wasn’t suitable for visitors as a group.
This time, the dorm theater at once serves multiple customers and families together, but also provides a high sense of immersion in animation.

Note: this photo is a proposal computer graphics when the machine will be installed.

ドームシアター映像への挑戦
通常の平面スクリーンと違い、ドームシアターの360°映像では、コンテンツの視野が圧倒的に広くなります。高解像度のためレンダリングにも長大な時間を要しますが、高い没入感を実現するため、視点の位置や、スクリーン全体の広さ等を考慮し、調整を行いました。
The Dorm Theater Animation Challenge
Unlike common flat-screen, this dorm theater provides the wide view of 360 degree. Although the high resolution overwhelmingly slows the rendering speed, in order to achieve the high sense of immersion, we adjusted it with the consideration of the position of view point and the screen size.

業務推進チーム
綱木 俊博

Director
Toshihiro Tsunaki

親しみやすさと細部へのこだわり

前回の「三重津タイムクルーズ」に続き、いかにご来場者様に楽しんでいただくかを重視しました。 今回制作したドーム型シアター映像でも、歴史にあまり詳しくない方や、小さなお子さまにも歴史を身近に感じていただけるよう、エンターテイメント色の強いコンテンツとなっています。
また、わかりやすさを追求する一方、史実への忠実さ、ディテールの正確さを大切にしています。今回のコンテンツ制作にあたり、安達 裕之 氏(東京大学大学院名誉教授)に入っていただきました。蒸気エンジンが稼働するメカニズムの正確さ、物理シミュレーションによる水しぶきの加減など、細部までこだわり抜いたコンテンツとなっています。
 

Familiarity and Perfection

Alongside of “MIETSU TIME CRUISE” in the last project, we successively focus on how much we can entertain visitors. This dorm theater rather involves entertainment content, so that even those who are new to the topic, or little children can get involved with the history.
Moreover, we pursue not only its simplicity but also the credibility and precision in details. Upon the production, we invited Professor Emeritus Hiroyuki Adachi from Tokyo University. This content is refined in many details, such as a mechanism of moving steam engine, and physical-simulated water splashes.

CREDITS

Client:佐賀県様
Producer : Kazunari Igawa Project Manager : Toshihiro Tsunaki Creators : Masateru Otani / Yoshikazu Motochika / Shota Satoh / Shinichi Miyashita / Takemitsu Takagi / Katsuhiro Akiyama / Satoru Kosuda / Kota Oketani / Koichi Kasai / Toshiaki Yamada Director : Junji Nishimura (cooperated) Narrator : Sumi Shimamoto (cooperated)

RELATED PRODUCTS

VIEW ALL PRODUCTS